下取りに出すという手も

たんにデジタルカメラが不要になった場合には買取業者に買い取ってもらうことをおすすめしますが、カメラを買い換えたい場合には、買取ではなく下取りに出すという方法も考慮しておくと良いでしょう。カメラの下取りは、その他の下取りと同じように、これまで使用していたカメラをその場で引き取ってもらう代わりに、新しいカメラを割引価格で購入できるというものです。業者側からしてみれば、お客さんからのカメラ買取は仕入れ、お客さんへのカメラ販売は売上になるわけですので、下取りサービスは販売までを含めてすぐに利益ができ、願ったり叶ったりの制度となります。すぐに商品を販売できるからこそ、下取り価格についても優遇される傾向にあり、買取価格よりも若干高い値段が付けられることが多いので、お客さん側からしてもお得な制度になっています。

下取りサービスは、買取専門の業者ではなく、カメラの販売まで行っているショップが取り扱っていることが多いので、カメラ屋さんに行って相談してみると良いでしょう。また、下取りについても同様に、ショップによって下取り価格が上下することになりますので、いくつかのお店を回って相談してみることをおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket