下取りに出すという手も

たんにデジタルカメラが不要になった場合には買取業者に買い取ってもらうことをおすすめしますが、カメラを買い換えたい場合には、買取ではなく下取りに出すという方法も考慮しておくと良いでしょう。カメラの下取りは、その他の下取りと同じように、これまで使用していたカメラをその場で引き取ってもらう代わりに、新しいカメラを割引価格で購入できるというものです。業者側からしてみれば、お客さんからのカメラ買取は仕入れ、お客さんへのカメラ販売は売上になるわけですので、下取りサービスは販売までを含めてすぐに利益ができ、願ったり叶ったりの制度となります。すぐに商品を販売できるからこそ、下取り価格についても優遇される傾向にあり、買取価格よりも若干高い値段が付けられることが多いので、お客さん側からしてもお得な制度になっています。

下取りサービスは、買取専門の業者ではなく、カメラの販売まで行っているショップが取り扱っていることが多いので、カメラ屋さんに行って相談してみると良いでしょう。また、下取りについても同様に、ショップによって下取り価格が上下することになりますので、いくつかのお店を回って相談してみることをおすすめします。

買取りショップを選ぼう

デジタルカメラの買い取りにおいて注意したいことは、あまりに安く買い叩かれないようにすることです。せっかくの良品なのに二束三文にしかならない、というケースは稀ながら発生するもので、ごく一部の悪徳業者によって安く買い叩かれる可能性がありますので要注意です。大手の買取ショップに買い取ってもらうのは、一番無難で、高くもなく安くもない、妥当な値段を付けてくれるため安心安全です。

少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、いくつかの買い取り業者に査定してもらうことをおすすめします。買取価格は一定の範囲で上下することになり、大逸れて高くなったり低くなったりすることは珍しいですが、買取業者によって値段は若干異なるため、少しでも高く、1円でも高く買い取ってもらうためには、複数の業者に査定してもらうのがベストです。複数の業者へ依頼することのメリットは、上記のように不当に安い値で買い取られることを予防するということにもあります。値段の相場は業界に精通している人しか知らないものですし、査定先を複数にしておけば、大体の値段を把握することにもつながりますので、カメラの買取においてこの方法は非常におすすめです。ぜひ実践してみてください。

実はまだ需要がある?

デジタルカメラはまだ需要があります。販売価格にもよりますが、それなりに良い画質で写真が撮れるカメラが安く販売されていれば、まだまだ購入したいと考える方も多くおり、もしもアンティーク的な価値の無いカメラだったとしても、安値ならば買い取ってもらうことが可能です。目安となる価格は、だいたい本体価格の1割程度になってしまい、1000円から2000円程度の査定が出ることも多いですが、捨ててしまえば価値はゼロであることを考えればマシ、といったところでしょうか。また、部品が破損していたり、使えなくなっていたりするデジタルカメラでも諦める必要はありません。カメラには多数の部品が使用されており、他の使える部品を組み合わせて、修理した上で販売するのが、買取業者のやり方だからです。壊れているからと諦めて捨ててしまうのも悪くはありませんが、エコを目指してみませんか。

ちなみに、高値が付きやすいのはデジタル一眼レフカメラで、万単位の買い取りが普通です。良い品になると一般的に販売価格の1割が買取価格になるところを、3割から場合によっては半額程度で買い取ってもらえることもあります。こちらも破損していても買い取ってもらえますので、まずは査定してもらうことをおすすめします。

不要なカメラは買取りが吉

スマートフォンが登場することによって消えてしまった物、もしくは消えつつある物はいくつもあるでしょう。例えばカーナビはスマホついている位置情報を活用した地図アプリがあれば、わざわざ買う必要も無いと考える方も多く、この他にも固定電話などは不必要なので設置していない方も多くいます。カメラも今や消えつつあり、わざわざデジタルカメラを持って外で写真を撮るのではなく、スマホに付いているカメラで記念撮影を済ませてしまうようになってきています。そのため、自宅のカメラが不要になったというケースも少なくないわけですが、そんな時には買取業者や買取ショップにカメラを買い取ってもらうのがおすすめです。

古くなってしまった不要なカメラをそのまま捨ててしまうのは本当にもったいないです。というのも、カメラは買取価格が思わぬところで跳ね上がることもあり、場合によっては万単位の値が付けられることもあるからです。勿論製品によって値段は変わり、新しい機種の方が高くなる傾向にありますが、古いカメラでもアンティークのように値段が落ちていない、むしろ古いことによって価値が高まるというケースもありますので、不要なカメラは一度、買取業者に査定してもらうことを強くおすすめします

当サイトでは、カメラの買取サービスについて、高く買い取ってもらうためのポイントを踏まえてご紹介していきます。不要なカメラが、思わぬ収入につながるかもしれませんよ。